ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

Lamborghini Countach LP500 Bertone Geneva Motor Show 1971

通常価格 (税込)
¥30,800 (税込)
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「ランボルギーニ カウンタック LP500 ベルトーネ ジュネーヴモーターショー 1971」です。
EM210A : ランボルギーニ カウンタック LP500 ベルトーネ ジュネーヴモーターショー 1971
EM210A
  • 1/43
  • ポイント2倍
  • NEW

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • モデル解説
  • 車両説明

1971年のジュネーブショーで初披露された時の個体「ランボルギーニ カウンタック LP500 ベルトーネ」を忠実に再現したモデルになります。

一見すると市販のLP400と共通のボディで、細部の意匠が異なる程度に見えますが、実際は別物なので、原型データの製作にあたってはゼロから再設計しています。


ウィンドウのグラフィックスやフロントバンパーや灯火類といった、市販モデルと異なる部分の造形把握は実はそれほど難しい部分ではありませんが、一番難しいのは、非常に平板的ながら、実は緩いアールで構成されるボディの面と、それとは対照的に組み合わせられた鋭いエッジの表現です。すでに現車が存在せず、3Dスキャンなどは行えないので、当時の膨大な資料や写真からその面表現を読み解き、それを3D CADデータ上に反映させる作業を積み重ねてまいりました。

また、外観以上に市販モデルと異なるのがコックピットで、独立したメーターナセルや1本スポークのステアリング、そしてハイテックなブロックパターンのシートなど、当時の考え得る“未来感”の集合体になっており、その魅力も余すことなく再現しています。

クルマの佇まいを大きく左右するタイヤ&ホイールも新設計部品とし、エンジンも外観から確認できる部分に関しては実車さながらの再現を試みています。
実車では不可能な、市販モデルの2ショット、そして細部の見比べなども弊社からすでに発売中のLP400などと並べてお楽しみいただけます。


※アクリルベース、クリアケース付属
※2022年8月発売予定
※Released in August 2022

>> Other picture

カウンタックのプロトタイプと訊いて、多くの方が市販間近の試作車をイメージされると思いますが、今回モチーフとしたのは、カウンタックというクルマが1971年のジュネーブショーで初披露された時の個体で、1974年に発売される市販車とはまったく異なる手法、車体構造で作られたワンオフ車両でした。

楔形フォルムのアウトラインは市販モデルと共通したイメージを持ちますが、ディテールを追っていけば、ドア開口部の形状、サイドウィンドウのサッシュ意匠、左右フェンダー上面から一段落とされたフロントフードや、その後端に備わったエアインテークなど別物であることがわかります。カウンタックはエンジンの放つ熱の抜けが悪く、その対策が市販化にあたり大きな課題であったと言われていますが、その対策のために大きなインテークなどが備わっていないプレーンな造形に、おそらくはガンディーニの思い描いたカウンタックの理想形があるはずです。

また実車では全長も市販車より10cmほど短くなっています。のちにランボルギーニ大きな名誉をもたらした名車のかけがえのない試作車でありながら、その末路は悲しむべきもので、最終的には前面衝突実験に使用され廃棄されため現存はしていないと言われています。

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約

発送予定日:未定