ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

Lamborghini Jota SVJ #4892 with V12 Engine

通常価格 (税込)
¥42,900 (税込)
『EIDOLON COLLECTION(アイドロンコレクション)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「ランボルギーニ イオタ SVJ #4892 with V12エンジン」です。

EM395SP : ランボルギーニ イオタ SVJ #4892 with V12エンジン
EM395SP
  • 1/43
  • ポイント2倍
  • 限定品
  • NEW

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • モデル解説
  • 車両説明

ミウラ P400SVをベースにオリジナルイオタのフェクトリーレプリカとしてモディファイが施された「イオタ SVJ」のシャーシナンバー”4892”を忠実に再現したモデルカーとスペシャルチューンを施されたV12エンジンのセットです。

モデルはミウラSVをベースにリスタイリングを行いました。現存している車両の資料、当時の雑誌の写真などを用いて3Dデータを作りました。
ミウラSVが元々持っている低く、伸びやかなボディシルエットはそのままにSVJのディテールを加えています。


ストレートパイプに改められたエキゾーストパイプ、固定式に改められたヘッドライト、ボディに打たれた無数のリベット、チンスポイラーなどイオタSVJの特徴を再現しました。

細かいリブが立つホイールはCNCマシンで原型を切削しています。その原型をホワイトメタルで鋳造することにより、インジェクション成形品では不可能なシャープさを実現しています。

インテリア側からエンジンルームを除くとレーシーなエアファンネルを望むことができます。


V12エンジンのベースとなる部分はミウラSVなどで発売したエンジンと同様ですが、イオタではエアクリーナーボックスではなくファンネル仕様となります。ファンネルは機械加工パーツを用いており、シャープなエッジとアルミ素材の質感を感じることができます。


※アクリルベース、クリアケース付属
※2022年10月発売予定
※Released in October 2022

>> Other picture


ランボルギーニ・イオタシリーズはランボルギーニの技術者だったボブ ウォレスにより1台だけ製作されたテスト車両が始まりでした。
一部の特別な顧客は、主にミウラ P400SVをベースにイオタのアピアランス、スペックを備えたスペシャルモデルをオーダーするようになりました。
シャーシナンバー#4892のランボルギーニイオタは長い間日本に存在していました。京都のディーラーが輸入しスーパーカーブームの展示会などで注目を集めた一台です。
>ミウラ P400SVをベースに固定式ヘッドライト、クイックフィラーキャップ、前後フェンダーのエア抜き、ボディ各部のリベットなどエクステリアに手が加えられました。
エンジンはどの程度のチューンが施されているのか明らかではありませんが、エアクリーナーを廃止し、エキゾーストもほぼストレート構造になっています。
ボディはメタリックピンクでペイントされ、今もその美しいボディは健在です。

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約

発送予定日:未定