ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

Mine's Skyline GT-R (BNR34) V・spec N1 2012 (BBS Wheel)

通常価格 (税込)
¥48,400 (税込)
『EIDOLON(アイドロン)』の1/18スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「マインズ スカイライン GT-R (BNR34) V・spec N1 2012 (BBSホイール)」です。
EML097B : マインズ スカイライン GT-R (BNR34) V・spec N1 2012 (BBSホイール)
EML097B
  • 1/18
  • NEW

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • モデル解説
  • 車両説明

『マインズ』が「スカイラインGT-R (BNR34)」ベースに製作したチューニングカー「マインズ スカイライン GT-R (BNR34) V・spec N1」を忠実に再現したモデルになります。レストア前のBBSホイールを装着した姿を再現しています。

『マインズ』のクルマ作りの不文律として、目に見える部分は“わかりやすく”はイジらないというものがありますが、このBNR34もその例に漏れず、他の“筑波1分切り”チューンドカーに見られる、車体から大幅にはみ出すような仰々しいエアロディバイスは装着されていません。
モデル化にあたっては、弊社が日産自動車から提供を受けた実車の3Dデータを元に設計したBNR34の原型データに、『マインズ』で3Dスキャンを行った“本デモ車”の改造部位のデータをドッキングさせる作業を行っています。


一見するとノーマル車然とした“本デモ車”ですが、実際はフロントリップ、カナード、エアロミラー、リアウィング(純正比で脚がやや長い)、トランクスポイラーなどは『マインズ』のオリジナル部品に変更されているので、モデルではその特徴をすべて再現。
カーボン製部品にはすべてカーボンパターンのデカールを貼り込み、その上からクリアコーティングを塗装して鏡面仕上げとしています。

内装はシート他、“本デモ車”の特徴を細かにトレースしています。鮮やかなブルーのスパルコ製ステアリングが一番のアクセントとなっています。

すでに弊社は1/18スケールでレストア後の“本デモ車”をリリース済ですが、今回はホイールをRAYSのTE37の18インチから、ワンピースのBBS LMホイールへと変更しています。BBSならではの繊細なメッシュの表現には、インジェクション金型成型のABS製部品を使用して、リアリティと強度を両立させています。

足回りのキャンバー角度や、タイヤ&ホイールとフェンダーアーチとの位置関係も拘ったポイントとなっております。
ぜひ貴兄のBNR34コレクションに、見た目はシンプルにまとめながら、その実速い、“羊の皮被った狼的”な『マインズ』の“本デモ車”をご収納ください。


※アクリルベース、クリアケース付属

>> Other picture

1986年創業のチューニングカー・コンストラクターの『マインズ』。1980年代中盤と言えば、ボアアップによる排気量拡大やビッグキャブの装着、追加インジェクター、あるいはボルトオンターボといった足し算のチューニングが幅を利かせていた時代。そんな中にあって『マインズ』はいち早く車載の純正コンピューターを解析し、コンピューター上で燃調や点火時期調整などを調整しエンジンのパフォーマンスアップを図る、当時で言うコンピューター・チューンで名を馳せたことで知られます。
のちにROMチューンと名を変え、チューニングカーの改造方法として主流となる中でも『マインズ』は他社を圧倒するアドバンテージをキープし、最高速チャレンジ、ゼロヨン、そして昨今のサーキットタイムアタックにおいて数々の最速マシーン生み出してきました。
今回、モデルのモチーフとしたのは『マインズ』がBNR34をベースに製作したチューニングカーです。マインズではこれまでにも数多のBNR34ベースのチューニングカーを世に送り出してきましたが、こちらは『マインズ』のワークス車両で、社内では“本デモ車”と呼ばれています。筑波サーキット2000で1990年代末にラップタイムで1分切りを達成したのをはじめ、オドメーターに刻まれた約1万キロの内訳はすべてサーキット走行というツワモノ、あるいは歴戦の勇士とでも表現すべき個体です。
チューニング雑誌やゲームで馴染みのある"BBS LM”を装着した姿を再現しています。

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約

発送予定日:未定