ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

Mazda 787 "Art Sports" 24h Le Mans 1990 No.201

通常価格 (税込)
¥35,750 (税込)
『EIDOLON COLLECTION (アイドロンコレクション)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「マツダ 787 ルマン24h 1990」です。
EM310 : マツダ 787 “Art Sports” ルマン24h 1990 No.201 (ブラックアクリルベース)
EM310
  • 1/43

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

本モデルは、1990年にルマン24時間レースに参戦した二台のマツダ 787を忠実に再現したモデルとなります。


787は、これまでマツダがレース用に作り上げた車両で採用してきたアルミモノコックを辞め、カーボンモノコックを採用した車両でした。ルマンのストレートで最高速度を伸ばすために車幅も狭くされました。

エンジンは2.600ccの4ローターエンジンが採用されています。多段可変吸気機構を備えることで効率的な可変吸気を実現していました。3プラグ・ペリフェラルポートインジェクション・セラミックアペックスシールなどを採用したことにより700psを発生。前年に使用されていたRE13Jの630馬力を大きく上回るパワーを実現しました。


マツダは787を1990年のJSPCで実戦テストをおこなう予定でしたが、開発が間に合わず断念。6月のルマンでは”Art sports”と”CHARGE”の2台の787が参戦。この年からサルト・サーキットのユノディエールにシケインが設置されたことにより思ったよりもタイムが伸びず苦戦してしまいました。

本戦でも”Art Sports(201号)”はエンジンブロー、”CHARGE(202号)”は電気系トラブルによりリタイアに終わっています。


モデルは当時の写真を元に3Dデータを作成しました。

すでに弊社から発売になっている787Bと共にコレクションしていただけるようにクオリティにこだわり開発をすすめました。

前後ホイールリムはアルミ切削パーツを採用。足元のクオリティアップをめざしました。

大きなリアウィングとリアディフューザーの間に覗く、複雑な形状のリアウィングステー、リアフレームもエッチングパーツを組み合わせ再現!!立体的な造形のトランスミッションエンドと合わせ、スパルタンな雰囲気を再現しました。


EM310 : マツダ 787 “Art Sports” ルマン24h 1990 No.201 (ブラックアクリルベース)


※大判アクリルベース、クリアーカバー、シリコンクロス付属

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約