ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

Porsche 917K "Martini Racing" 24h Le Mans 1971 Winner No.22

通常価格 (税込)
¥28,600 (税込)
『VISION(ヴィジョン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「ポルシェ 917K "マルティニレーシングチーム" ルマン24h 1971 ウィナー No.22」です。
VM015

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

1971年のルマン24時間耐久レースで総合優勝したマルティニレーシングチームの「917K」を忠実に再現したモデルになります。ポルシェが初めてルマン制覇を遂げた70年同様、71年の優勝争いもビッグマシンを揃えたポルシェとフェラーリによって繰り広げられるものと思われていました。しかし蓋を開けてみればワークス・フェラーリが不参加のためプライベーターのみのフェラーリ勢に対し、マルティニ・レーシングチームとジョン・ワイヤー・オートモティブ(ガルフ・レーシング)ニつのワークス・チームによって編成されたポルシェが圧勝することになります。

ポルシェは新しいボディワークが与えられたルマン専用ロングテール仕様の917LHを軸に計6台の917が出走しました。

予選では新しいボディワークの917LHが3位までを独占します。しかしレースではロングテール仕様の917LHが相次いでメカニカルトラブルでリタイアし、代わってトップに立ったマルティニ・レーシングチームのヘルムート・マルコ/ジース・ファンレネップ組の917Kが24時間を走りきりました。また2位を走るジョン・ワイヤー・オートモティブの917Kに2ラップの差をつけて圧勝しました。

このヘルムート・マルコ/ジース・ファンレネップ組のポルシェ917Kの記録は、後の速度を落とす為のコース改修なども手伝って、39年後の2010年まで破られませんでした。


モデルはマルティニストライプをまとった917Kを正確に再現しました。

71年のマルティニ917Kの特徴であるリアカウルの巨大なフィンの形状も正確に再現しています。マシンを彩るマルティニストライプは大判のデカールを用意し丁寧な張り込みとウレタンクリアーによるオーバーコートで仕上げています。クリーンなキャビンからは精密感溢れる作り込みを施したコクピットを堪能して頂けます。また917系ならではのリアの水平対抗12気筒エンジン用クーリングファンも見所のひとつです。


[再生産]

VM015 : ポルシェ 917K "マルティニレーシングチーム" ルマン24h 1971 ウィナー No.22


※はめ込みアクリルベース、クリアーカバー付属

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約