ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

De Tomaso Pantera GTS 1973

通常価格 (税込)
¥19,250 (税込)
『VISION(ビジョン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして発売予定の「デ・トマソ パンテーラ GTS」です。
モデルはパンテーラ(L)のハイパフォーマンスモデルとして1973年に登場したパンテーラGTSのディテールを忠実に再現し、パンテーラ・モデルとしてはかつてないクオリティの高さでモデル化致しました。

カロッツェリア・ギアによる直線基調のシンプルなボディフォルムを余す事なく再現し、均整の取れたボディ形状を堪能して頂けます。パンテーラGTSのワイルドなイメージを強調するツートーンのボディカラーは全て塗り分けで再現しており、光沢のあるメインボディカラーと艶を抑えたブラック部分とのメリハリの利いた対比が爽快な一台です。シンプルな造形のフロント廻りとは対照的にV8エンジンをミドに積むリア廻りでは、左右4本出しマフラーの奥にギアボックスエンドやサブフレームなどが覗け、精密感を高めております。

足廻りではこの時代のイタリアン・スーパーカーにはお馴染みの、幾何学的なデザインのカンパニョーロ製ホイールを忠実に再現しました。

一方、室内はシンプルで機能的な造形をエクステリア同様に忠実に再現し、外部からは見え辛いながらもメーターナセルやセンターコンソールのディテールなど忠実に再現しております。尚、本製品は欧州仕様としてモデル化しておりますので、フロントの5マイルバンパーはなく、ボディサイドのレターも欧州仕様として再現しております。飾り台及びクリアケース付属。



デ・トマソはアルゼンチン出身の元レーサー、アレハンドロ・デ・トマソが50年代末にイタリアのモデナで興したメーカーです。起業当初はフォーミュラーマシンの製作に没頭していましたが、1964年に発表したバレルンガを皮切りに市販車の生産にも尽力するようになりました。バレルンガは欧州フォード製直列4気筒エンジンをミッドシップ搭載した2座のクーペで、市販車としては世界で最初のミッドシップ・ロードカーのうちの1台として知られています。1966年には米フォードと共同開発したマングスタを発表します。マングスタは米フォード製4.7リッターV8エンジンをミドミッドシップ搭載し、カロッツェリア・ギアによる魅力的ボディを纏っていました。

そして1971年、デ・トマソがフォードのスポーツカープロジェクトに参加したことで生まれたのがパンテーラです。米フォード製5.8リッターV8エンジンをミドに搭載し、ボディはマングスタ同様カロッツェリア・ギアが手掛けました。パンテーラは主な販売ルートをアメリカとし、アメリカではフォードのリンカーン及びマーキュリーの契約ディーラーで販売されたことでデ・トマソ史上最大のヒット作になりました。生産台数はマングスタが400台程度だったのに対し、パンテーラは1971年から1973年の間に6,128台が生産されました。

パンテーラGTSにはヨーロッパ仕様とアメリカ仕様の2種類があり、ヨーロッパ仕様はエンジンの圧縮率を高め、それに伴い出力もノーマルの330PSから350PSに引上げられていました。対してアメリカ仕様はノーマルのパンテーラの外観をGTS風にしただけの、いわばGTSルックというものです。当時、日本に輸入されたパンテーラGTSのほとんどがアメリカ仕様でした。
VM063A ~ VM063F
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約