ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

Porsche 911 Carrera RS 2.7 1973

通常価格 (税込)
¥24,200 (税込)
『VISION(ヴィジョン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「ポルシェ 911 カレラ RS2.7 1973」です。こちらのモデルは再生産品となります。
VM009A
  • 1/43
  • NEW

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • モデル解説
  • 車両説明

人気モデル「73カレラ」こと「ポルシェ911カレラRS2.7」の再生産になります。

ブランド立ち上げ当初はポルシェ・メインとなっていた、ヴィジョンの看板車種的なPorsche 911 Carrera RS 2.7 1973。
入念な実車取材に基づく実車に忠実なプロポーションやディテールで定番的な人気を誇っています。

見せどころのひとつはドアハンドル、ヘッドライトハウジング&リフレクター、前後ライトユニットなどはホワイトメタル鋳造部品にクロームメッキ処理を施した深みのあるメッキ表現となります。
また窓枠もエッチングパーツにいったん銅巻加工を行い、その上にクロームメッキを施すことで平板的ではない、適度なアール感が際立つ仕上がりとなっています。

ホイールは弊社自慢の切削アルミリムに、メッキ&塗装を施したホワイトメタル製ディスクを組み合わせて最高の量感を演出しています。

今回は定番のホワイトボディ×赤を再生産いたします。


※アクリルベース、クリアケース付属


>> Other picture

1964年にデビューした初代ポルシェ911。
ホイールベースの延長やエンジン排気量の拡大などで、種々の改良が施されながら進化を続け、1974年に北米の安全基準を満たすべく、外観を刷新した2代目にバトンタッチしている。その初代の最終モデルイヤーである1973年に、レース用の改造が施されたホモロゲーションモデルとしてリリースされたのが911 RS カレラです。
エンジンは標準型の911よりも300ccの排気量拡大によって2.7リッターとされ、モールディングを廃して軽量化しつつ、空力性能も改善させた前後バンパーや、アヒルの尾のように跳ね上がったエンジンフード一帯のリアスポイラーなどが特徴でした。

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約