ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

Lamborghini Aventador LP780-4 Ultimae 2021 (Leirion Wheel)

通常価格 (税込)
¥37,400 (税込)
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「ランボルギーニ アヴェンタドール LP780-4 ウルティメ 2021」です。

EM632A : グリジオアケーソ/グリジオテカ (限定100台) Gray (グレー)
EM632B : ヴェルデセルヴァンス (限定60台) Green (グリーン)
EM632C : ロッソエフェスト (限定60台) Red (レッド)
EM632D : ブルーネレイド (限定60台) Blue (ブルー)
EM632E : ブラック (限定60台) Black (ブラック)
EM632A ~ EM632E
  • 1/43
  • ポイント2倍
  • 限定品
  • NEW

Color (カラー)

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • モデル解説
  • 車両説明

2021年7月に発表された新型の「ランボルギーニ アヴェンタドール LP780-4 ウルティメ」を忠実に再現したモデルとなります。

実車の取材から3D CADを使用した原型設計→3Dプリンタ出力→原型修正→レジン鋳造型の製作→生産と、そのすべてを自社で行う弊社の強みを最大限に活かし、2021年7月に実車が発表されてから半年を待たずして、この特別なアヴェンタドールの製品サンプルを皆様にお見せすることができます。


ウルティメの外観上で一番の特徴となるフロントバンパーは、もちろん実車データを元に正確無比な造形に仕上がっています。ウルティメのエクステリアには多数のカーボンパーツが奢られていますが、それらはすべてカーボンパターンのデカールを貼り込んだ上で、ウレタンクリア塗装でオーバーコートしています。

ワールドローンチ時にウルティメがまとっていた艶消しのグレーですが、艶消し塗装はミニカーに塗装すると塗装表面に凹凸が生じ、ザラついた印象になってしまいます。それを避けるために弊社では凹凸の出にくい艶消しのコーティングを行い、平滑かつしっかりとマットな実車さながらの質感を実現しました。

ホイールは真鍮を旋盤で切削したシャープな原型を元に鋳造したホワイトメタル部品に丹念な塗装を施して装着しています。

しっかり覗き込まないとお分かりいただけない部分ではありますが、インテリアもカーボンやアルカンターラ、そして「バッキング」と呼ばれる新たな装飾表現がなされたレザーなど、素材の風合いにもこだわって丁寧な彩色を施しています。

もちろん車名の由来となった780馬力を発生する「究極のv12」エンジンの表現にも抜かりない、渾身の1台を是非貴方のアヴェンタドール・コレクションに仲間入りさせてください。


※大判アクリルベース、アクリルクリアーカバー、カーボン製ネーププレート、エッチング製エンブレム、シリコンクロス付属

※お一人様2台限り

※2022年3月発売予定

※Released in March 2022

>> Other picture


2011年に登場したアヴェンタドール。登場からちょうど10年を迎える2021年に時世を反映してオンラインで発表されたのがアヴェンタドール LP780-4 ウルティメです。
Ultimaeには「究極」の意味の他に「最後の」という意味もあり、2024年に予定されているランボルギーニの全車電動化を前に、1964年から生産が続くV12気筒搭載モデルの集大成かつ最強版として、車名通り780馬力を発生する自然吸気ユニットを搭載しています。最高速度は355km/h、0-100km/h加速はわずか2.8秒と驚異的です。
外観は専用意匠のバンパーが装着されますが、過去のスペシャルエディションに多く見られた独立したリアウィングなどは備えられず、電動格納式のアクティブ・エアロ・システムとされ、洗練という言葉が似合うアピアランスに仕上がっています。
生産台数はクーペが350台、ロードスターが250台の限定生産ですが、約5500万円という高額車ながらすでに完売しています。
そんな生まれながらにしてコレクターズアイテムとなることを運命づけられたスーパー・アヴェンタドールをアイドロンではいち早くモデル化いたしました。

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約

発送予定日:未定