ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

Mazda MX-R01 "KAJIMA" Le mans 24h Practice 1992 No.6

通常価格 (税込)
¥38,500 (税込)
『EIDOLON COLLECTION(アイドロンコレクション)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「マツダ MX-R01 "KAJIMA" ルマン24時間 プラクティス 1992 No.6」です。
EM313B : マツダ MX-R01 "KAJIMA" ルマン24時間 プラクティス 1992 No.6
EM313B
  • 1/43
  • ポイント2倍
  • 限定品
  • NEW

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • モデル解説
  • 車両説明

1992年のルマン24時間レースのプラクティスに出走した「マツダ MXR-01 “KAJIMA” No.6」を忠実に再現したモデルとなります。

モデル開発にあたり、マツダが国内で保管しているMXR-01を徹底的に取材しました。3Dスキャンに採寸はもちろん数百の写真を撮影し、実車に忠実な3Dデータを製作しました。


6号車はレーシングカーにしては珍しいパールホワイト。シンプルなカラーリングにロゴが映える仕様です。

プラクティス仕様の大型の2段リアウィングはEIDOLON FORMULAシリーズで培ったハンダ付けの技術をフィードバック。インジェクションやレジンの一体成型では不可能なシャープさで再現しています。


※アクリルベース、クリアケース付属
※2022年11月発売予定
※Released in November 2022


1991年に「787B」で日本車初の優勝を飾ったマツダは、Gr.Cカーのエンジン規程変更により「3.5L自然吸気エンジン」を搭載した車両で1992年を戦う必要がありました。そこでシャーシをTWRから、エンジンをジャッドからそれぞれ購入し自社でモディファイするという手法が取られました。
ルマン24時間の練習走行では、RENOWN 5号車と同じ背の高いリアウィングが使用されました。本戦ではスプリント仕様の駆動系に負荷が掛かることを懸念してローマウントのウィングが使用されたとの事でした。結果としては深夜にポルシェコーナーでコースアウトを喫してしまいリタイアとなっています

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約

発送予定日:未定