ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

NISMO GT-R LM Road car 1995

通常価格 (税込)
¥31,900 (税込)
『EIDOLON(アイドロン)』の1/43スケール・ハンドメイド・モデルカーとして製作した「ニスモ GT-R LM ロードカー 1995」です。
EM500 : ニスモ GT-R LM ロードカー 1995 シルバー
※メーカー監修中
EM500
  • 1/43
  • ポイント2倍
  • NEW

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • モデル解説
  • 車両説明

1995年のルマン24時間レースに出場する為のホモロゲーションモデルとして製作された「ニスモ GT-R LM ロードカー」を忠実に再現したモデルとなります。

現在も「NISSAN HERITAGE COLLECTION」で保管、展示されている実車を細部まで3Dスキャンを行い3Dデータを作成しました。
今まで1/43スケールのR33型 GT-Rは製品化していないのでベースのR33 GT-Rを3Dモデリングすることから始めました。


カラーリングのないシンプルな車両なので前後ライトの形状や中身のディテールには特にこだわってパーツ分割や彩色を行っています。メッキ、クリアカラー成型部、艶消しのブラックの部分を的確にパーツ分割することによりシャープな仕上がりを目指しました。

インテリアは特徴的なチェック模様のレカロシートはデカールを貼りこむことで再現しています。柔らかな局面にも綺麗になじませましたので丁寧な仕上がりを楽しんでいただくことができます。

90年代のレースシーンではおなじみのVOLK RACING Gr.Cホイールは真鍮切削のマスターを製作、ホワイトメタルのキャスト部品で精密な部品に仕上げました。

実車と同じくあえてタイヤを少し内側に、また車高も少し高めにセットすることによりこの車両の特徴を再現しています。


※アクリルベース、クリアーカバー付属
※2024年7月発売予定
※Released in July 2024

※画像はメーカー監修中のサンプルモデルです。実際に発売される商品とは異なる部分がございます。

>> Other picture

「NISMO GT-R LM」は1995年のルマン24時間レースに出場するためのレーシングカーとして開発されました。
しかし、出場するには「公道を走ることができるナンバーを取得した市販モデルが存在しないとGT-1クラスには出場が認められない」というレギュレーションがあります。
そこで日産は全日本GT選手権に出場するマシンとルマン用のマシンを共通化、それをベースに一台のみ市販仕様車を作りレギュレーションをクリアすることにしました。そこで製作されたのが「NISMO GT-R LM ロードカー」です。
エクステリアはフロントバンパー、ブリスターフェンダー、ボンネット、リアバンパー、サイドスカートなど、ほとんどルマン仕様と同じディテールを持ち合わせています。
ノーマル車両の面影が見えるのはドアパネル、ルーフ、リアウィングだけです。
エクステリアの過激さとは裏腹に、ロードカーらしく内装は小変更にとどめられています。チェック柄のレカロシートやNISMO製のステアリングに変更された程度でした。
スペックは明らかにされていませんが、RB26DETTエンジンが搭載されたエンジンルームもノーマル然としています。
1995年のルマンのパドックで展示されたのち日本に帰国、座間記念庫(現「NISSAN HERITAGE COLLECTION」)に現在も収蔵されています。近年もNISMO FESTIVALやGINZA CROSSINGなどでも展示が行われ、モータースポーツファンの心を掴んでいます。

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約

発送予定日:未定