ログイン
ログインと会員ご登録はこちら

現在カート内に商品はございません。

[VISION 1/43]Nissan Skyline 2000 GT-R (KPGC110) 1973 (RS watanabe 8 spork)


『VISION』1/43スケール・ハンドメイド・モデルカー
Nissan Skyline 2000 GT-R (KPGC110) 1973
(RS watanabe 8 spork)


車両説明


1973年にわずか200台弱が生産されたKPGC110。KPGCのKは2ドア、Pはプリンス直系のS20エンジンの搭載、GC110は4代目スカイラインの型式を意味しています。生産台数が極端に少ない理由は、3代目スカイラインをベースにしたGT-R(KPGC10)用に作り置きのあったエンジンの余剰在庫を掃くためなど、他にも諸説ありますが、KPGC110で日産が本格的にレース活動を行うことはなかったことからも、あくまで4代目スカイラインのイメージ戦略の一環であったと捉えるのが妥当でしょう。現在はその生産台数の少なさから、歴代GT-Rの中でも垂涎のコレクターズカーとして圧倒的な人気を誇っています。


モデル解説


弊社ではすでにファクトリーストック(新車の工場出荷時の姿)のKPGC110のモデルを1/43で発売済みですが、今回はご要望の多かった、昨今ではケンメリGT-Rの“正装”とも言うべき、実車でも極めて装着率の高いRSワタナベ製の8スポークを装着し、マイルドロワードを施した姿でのリリースとなります。

写真は塗装前のホイールのパーツです。モデルのホイールは同色なので、スポークとリムを分ける必要がありませんが、実際にはパーツを分けて作っています。

一体で作ることも可能ですが、このエイトスポークシリーズのホイールはオプションでリムを切削することができます。今後その仕様を作ることを考慮してこのような分割になっています。(同色であれば、パーツを組み合わせてホイールカラーを塗るだけです。)

リムは挽物部品(アルミ)にすることで真円になり、断面形状もシャープになります。

リムを切削の仕様にする際には塗装せずそのまま使用することで、塗装やメッキでは表現できない金属の質感を出すことができます。
また、リムのパーツを変更するだけでのリアホイールにすることもできます。


メイクアップのすべての商品で実車の雰囲気を出すために塗装のパーツ、メッキのパーツ、切削のパーツなどを使い分けています。

どのように実車の雰囲気を出すかも重要ですが、同時に工場で量産する際の組み立てやすさや、作業のしやすさなども考慮しています。


※写真はサンプルモデルです。


[VISION 1/43]

Nissan Skyline 2000 GT-R (KPGC110) 1973 (RS watanabe 8 spork)

品番 VM243A~VM243D

希望小売価格 29,150円(税込)

発売日 2022年1月発売予定

※アクリルベース、クリアケース付属

VM243A

ホワイト


VM243B

シルバー


VM243C

レッド


VM243D

ブラック



>>> Other picture




EIDOLON、VISION、IDEA、Titan64 製造/販売元

株式会社メイクアップ

〒107-0062 東京都港区南青山5-14-5

TEL 03-3498-9876 FAX 03-3498-9875

SEARCH

ご利用ガイド
当サイトについて
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
利用規約